ラシックスの利尿作用

ラシックスは利尿剤の中でも、効果が強力だとされています。

そのため、特別な腎機能の異常でない限り、病院からは処方してもらえないのが普通です。
つまり、ダイエット目的で利尿剤を使いたいからと言って、病院に行っても処方してもらえないという事です。

ラシックスは飲む量を増やせば、それだけ利尿効果もアップします。

浮腫治療の目的で使う場合には、錠剤タイプのものを1錠から摂取し、浮腫が消えたら一時様子を見るために服薬を中断することもあります。
ラシックスは腎臓のループ系に直接作用して、強力な利尿効果を発揮しますが、そのために腎臓が自ら働くことを忘れ、腎機能が落ちてしまう可能性もあるからです。

また、ラシックスはナトリウムやカリウムを排出する作用があるため、電解質の不足に陥り、吐き気やめまいといった副作用があらわれることもあります。
特にカリウム不足は激しい吐き気を伴い、脱水症状になる危険性もあるので、日頃からカリウムを多めに摂取しておくようにします。
カリウムはキウイフルーツやバナナなどの果物に特に多く含まれている栄養素です。

ラシックスはナトリウムを排出する作用があるため、降圧剤として使われることもあります。
降圧剤として使う場合には、他の降圧剤と併用しない方が良いです。
併用する薬の性質によっては、血圧が下がりすぎて激しいめまいの副作用が出る危険性もあります。

最近ではネットの個人輸入代行店を経由すれば、個人でも海外から入手可能になっています。
個人輸入を利用する場合には、必ず信用・実績のある業者かどうかを確かめることが大切です。
中には偽薬や危険性の高い薬などを取り寄せて扱っている業者もいるので、必ず確認するようにしましょう。